重要事項説明・売買契約

正式な売買契約を不動産業者と結びます。

この際の持ち物としては

  1. 認印
  2. 売買契約書貼付印紙
  3. 手付金
  4. 仲介手数料(半金)

 

になります。

各取引によって多少異なりますので仲介会社に確認をしてください。

 

 

はじめに「重要事項説明書」の説明を受けます。

ここには物件についての権利関係や法令に関するものなど重要なことが記載されていますので、よく理解したうえで契約を進めるようにしてください。

チェックする事項として

【区分所有】

・駐車場、駐輪場、バイク置場

・ペットの可否と種類

・管理費、修繕積立金等の値上げ予定

・家具や付帯設備のどこまでが売買に含まれるかの明示

 

【一棟物件】

・越境物

・心理的な瑕疵

・私道の権利関係

・建築基準法上の違反

・瑕疵担保の期間

・売主の自己使用部分

になります。

 

次に「不動産売買契約書」に記名・捺印をし、手付金を支払うことで契約は完了となります。

基本的には社団法人等書式を提供している団体の物をそのまま使うことが多く内容はどこもほとんど同じです。

契約後自己都合での撤回した際支払った手付金は戻ってきません。また契約時に不動産会社へ仲介手数料を支払っていた場合も返金されませんのでご注意ください。

 

 


重要事項説明・売買契約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク