買付証明書

物件の精査が終わり良いと思ったらすぐに買付申込書を提出しましょう。

買付証明書を提出する意味としては不動産会社に「購入する意思」をちゃんと伝えるためです。これを渡さないとこの人は本当に購入する気があるのだろうかと別の人に売られるかもしれません。

ですので、書面で買付証明書を提出することで意思表示をし、ある程度その物件を押さえることが出来ます。(他の買主から買われる可能性が少なくなる)

また、提出後はこちらの要望も通りやすくなります。

他の購入者に取られるのを防ぐため広告を止めてほしい、賃貸借契約書を見せてほしい等々不動産会社に要求しやすくなります。

買付も出さずに詳細資料を求めると不動産業者は本当に買うかどうかもわからない人に手間をかけたくないので嫌がります。

 

注意として買付証明書は契約書ではないので法的な拘束力はありません。

100%購入できるわけでもないですし、キャンセルも自由にできます。

ただ、キャンセル=不動産会社からの信用を失うことになりますので、本当に買う気のある物件だけに提出しましょう。

 

下記(メルマガ・イイネ・LINE)登録で汎用性の高い買付証明書のテンプレートをプレゼントしております。

 


買付証明書
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク