表面利回りと実質利回り

投資用の不動産を購入する際誰もが気にする指標に利回りがあります。

これには2種類あります。記載されているのはほとんどが表面利回りになります。

表面利回りとは

満室想定家賃(年額)÷購入価格=表面利回りになります。

実質利回りとは

(満室想定年収-年間の諸経費)÷(購入価格+購入時の諸経費)=実質利回りになります。

 

表面利回りは高いに越したことはありませんがそれだけに目を奪われてはいけません。

  1. 表面利回りが高くとも、空室が埋められなければ意味がありません。
  2. 表面利回りが高くても、ランニングコストが高ければ意味がありません。
  3. 購入価格には仲介手数料・税金・登記費用などの諸経費が含まれていません。
  4. 経費を差し引いた実質利回りを確認

という点にも注意しなければなりません。

 

まとめ

表面利回りだけで物件購入の決め手にしてはいけません。

実質利回りやキャッシュフローにも注目しましょう。

 


表面利回りと実質利回り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク