良い不動産業者の探し方・見極め方・気にいられ方

不動産会社は町の小さな不動産会社から上場しているような大手不動産会社まで多数存在しています。
その中で自分にあった不動産会社を見つけていくのはなかなか大変です。
しかし、こればっかりは自分で開拓していかなければなりません。

◆良い不動産業者の探し方

インターネットやチラシの問い合わせからその不動産業者を訪問してみる。
インターネットやチラシを見て気になった物件があれば問い合わせをすると思います。
その際その会社を訪問して直接お話しするなど実際に自分の足を動かして開拓します。

既に不動産投資で成功している人に紹介してもらう
不動産投資で有る程度実績を出した人には余裕があります。その人から信頼できる会社を紹介してもらうのは方法の一つです。

セミナーに参加する
セミナーに参加することで不動産会社はあなたの個人情報を得ることができ、今後物件の販売に利用することができます。
その中で紹介される物件のレベルや営業マンのレベルを見て判断するのも良いです。

◆良い不動産業者見極め方

レスポンスが良い
対応が遅かったりするとクレームの原因となります。対応がしっかりできていないところは社内に多くの問題があることが想像できますので、レスポンスが良い会社を選びましょう。

営業がしつこくない
良い不動産を紹介しているのであればあなた以外にも購入する人がいますので、自ずとしつこく営業しなくなります。

正直に話してくれる
不動産会社は売買が成立しないと利益がありません。なので、なるべくなら取引を成立させるように話を進めたいのが本音です。しかし、収益物件は長いお付き合いで何棟も買ってもらった方が結局は不動産会社にとってプラスです。それが分かっている会社は、あなたの経験やプランを把握した上で「この物件はやめた方が良いです」と言ってくれます。

個人情報を聞いてくる
これはあなたの情報を聞いて実際に買える人がどうか、あなたにどんな物件が良いか判断するためです。
不動産業者があなたを買える人と判断すれば良い情報を優先的に送るようになります。

◆不動産業者に気にいられ方

自分の情報を開示する
自分の情報を開示しないということは遠まわしに「あなたを信用していません」と言っているようなものです。そんなことを言われた不動産業者があなたに良い物件を紹介するでしょうか。
信頼できる不動産業者には自分の情報をしっかり隠さずに伝えなければなりません。

購入できるお客であることをアピールする
いくら購入したいと思っていてもそれだけでは売買は成立しません。ですのであなたは自分が○○円持っています、○○銀行から融資の枠が○○億円あるのでこの範囲で買いたいなど条件に当てはまる物件があれば買えるということをアピールする必要があります。

レスポンスや行動が早い
例えば不動産会社から物件を紹介された際に、気にいったのであればすぐに買付証明書を提出したり、現地へ物件確認に行くなど対応が早いということです。
あなたが断る時でも早く返事をすれば不動産会社はすぐに違うお客に紹介ができるので、レスポンスの早いお客様を大事にします。

細かすぎない
高額な物なので慎重になるのは分かります。が、非常に細かい方とは不動産会社は付き合いたがりません。なぜなら良い物件は全部の情報が開示されている訳ではないので、わからないことが多くあります。それでも購入していく人はいるので、不動産会社はなるべく手間がかからない人に紹介していきます。
また売れた後も面倒だと思われてしまうからです。

無茶な要求をしない
例えば新築で、駅から徒歩5分以内で、利回りが20%以上のオーバーローンが可能な満室物件を紹介してほしいと伝えたところでそんな物件はありません。
無茶な条件を伝えたところで笑われて本当に購入する気はないのだなと思われ相手にされなくなるだけです。

こまめに連絡
残念ながら不動産会社のお客さんはあなただけではありません。毎日新しいお客さんが物件を紹介して欲しいと連絡を取っています。しばらく連絡しなかっただけで不動産会社はあなたのことを忘れられてしまいます。
ですので、月に一度ぐらいは連絡を取り不動産会社から忘れられないようにしましょう。

他社に浮気しない
不動産会社はたくさんの会社と付き合っているお客さんには物件を紹介する可能性が低いです。なぜならせっかく紹介しても他社で購入する可能性があるからです。また不動産はポンポン買えるわけではないので
不動産の情報は気密性が高く、他の不動産会社に情報が漏れることを非常に嫌います。
たくさんの不動産会社と浅く付き合うよりは、多くても2~3社の不動産会社と密に関係を気付いた方が良いです。

謙虚な態度
自分がお客様だからといって横柄な態度を取るお客様は嫌われます。
不動産会社の社員も同じ人間ですので、そのような態度を取る方とはあまり付き合いたくないというのが本音です。

取引実績を作る
自社で購入してくれたお客さんは本当の意味でお客さんです。そんなお客さんには儲けてほしいと思っています。また、どのような物件であれば購入するのか、どんな人なのかを把握しているので物件が紹介しやすくなるからです。


良い不動産業者の探し方・見極め方・気にいられ方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク