物件の探し方

最初の段階ではインターネットや新聞の折り込みチラシを見る程度で大丈夫です。
このような物件情報を見ていくうちにこの不動産は相場より高い、安いというのがわかり相場観が身に付いてきます。この相場観が後々重要になります。
次のステップとしては自分が狙いを定めた待ちの不動産屋さんを訪問するのも良し、インターネットから会員登録してもっと詳しい物件の資料請求をしても良いです。
大切なのは一歩でも次につながるように行動に移すことです。

最も効率の良い物件の探し方は信頼できる業者を見つけて任せることです。
というのも、インターネットや新聞等に広告に出すものは売れ残ったもので有ることが多いからです。良い物件はお金をかけて広告するまでもなく不動産屋から直接顧客への紹介で売れてしまいます。

そのため良い物件を紹介してくれる業者を探して、自分を気に行ってもらわなければなりません。

不動産屋は上客から順番に良い物件を紹介する傾向があります。
しかし中には売れれば良いと考え、適当な物件を紹介する業者もいます。また不動産屋にも得意分野と苦手分野があります。
収益物件専門に扱う会社もあれば、賃貸管理のみの会社、居住用の物件専門の会社など多岐に細分化されています。
ですので、自分の目的に合った信頼できる業者を見つけ、業者に気に居られることが大切になります。


物件の探し方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク