指値

不動産の広告に記載されている価格は売主の希望売却価格でしかありません。

不動産は相対取引ですのでお互いに合意した金額が売買金額になります。

そこで購入希望としての価格(この価格でなら買います)ということを売主に値段を提示することを指値と言います。

売主によっては希望売却価格でしか売らないという人もいますが、言うだけタダなのでチャレンジしましょう。

売主様に納得してもらうために指値の根拠をしめすことも大事になります。

例:この箇所で修繕が必要になる、近隣相場、家賃下落の可能性等々

 

ただ、指値も仲介の不動産会社を通じて行いますからあまりにも常識外れな金額の指値は不動産業者に嫌がられます。

というのも売主が怒ってしまうとその業者からの買付証明書は受け付けないというリスクもあるからです。

指値をすると売買価格が下がって不動産業者の取り分も減りますし、売買が成立しないのであれば儲けにならないからです。

場合によっては「交渉で値段下がったら、下がった金額の○割を手数料として払うから頑張ってくれ」と言うのも一つの手でしょう。

 

 

 


指値
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク