金利引き下げ交渉

たった1%の金利ダウンでも不動産投資における借入金額は規模が大きく、不動産投資での収益にダイレクトに影響します。

金利引き下げ交渉も不動産投資を成功させるひとつのポイントです。

 

金利引き下げ交渉のメリット

・借り換えのように違約金や諸経費が発生しない

・担保設定の変更(登記)などの手間がかからない

金利引き下げ交渉のデメリット

・デフォルト(債務不履行)扱いされるリスクがあり新たな融資を受けられなくなる場合がある。

 

 

◆金利交渉の難しさ

この金利引き下げ交渉は「はい、わかりました」と簡単なものではありません。

銀行の収益源である融資において金利を下げるということはそのまま銀行にとっての収益の低下を意味しています。

銀行担当者としては当初この条件で借りると納得して借りたのだからという思いがあります。そこをどうにかこちらの要望を通すようにするので、粘り強い交渉が必要になります。

 

金利引き下げ交渉のテーブルに乗る大前提として

・数年の返済実績がある

・現在の金利が市場と乖離している

・購入した物件の収益性・業績などが良好

であることが必要です。

 

つまり銀行から見て「手放したくない」安全で優良な顧客になること。

これが金融機関との交渉において最も大事なことです。

 

借りたお金を遅延なく返済することや、家賃収入は手を付けずに置いておくのもアピールになります。満室で確定申告も黒字であることなども交渉上の好材料になります。

他行にすぐ借り換えできるような状態で経営していれば、銀行も他行に借り換えされるぐらいなら金利下げて引き続き取引を継続してもらおうと考えるのです。

 

また単純に金利を下げると銀行側にメリットがありません。

ですので、メリットがあるように交渉していくのがポイントになります。

 

 

◆交渉の材料

どこの銀行でも同じですが、取引額が大きくなり銀行にとって良いお客さんですと有利な交渉に持っていけます。

なので、物件を購入し、新たにローンを組んだりして、取引量を増やしたり、いくつかのローンをまとめたりすることで、金利の引き下げ交渉もしやすくなります。また、金利を下げてもらう代わりに定期預金を作ったり、その銀行のカードローンを作ったりして、積極的に担当者の業績アップに貢献してあげましょう。

 

銀行が喜ぶことを下記に記します。

・定期預金

・積立定期

・給与振込

・インターネットバンキング

・国債・投資信託の購入

・クレジットカードの作成

・カードローンの開設

・各種引き落としの設定

 

上記の項目を条件に交渉してみると上手くいくことがあります。

 


金利引き下げ交渉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク