紹介で入る融資

銀行員は基本的に人を疑ってみて入ります。

何の面識もなくすぐに大金を貸してくれるはずがありません。

銀行に飛び込みで入るのと紹介で入るルートでは銀行の対応が著しく違います。

 

そう考えると面識のある銀行員がいればその銀行員にまず相談するのがベターであるということは想像に容易いです。

 

しかし銀行員と面識のある方はなかなか多くないと思います。

もし銀行員の友人がいた場合その友人経由で、大家の会などに所属していればそのメンバーから紹介してもらうと良いでしょう。

 

友人や不動産会社から紹介してもらえればその紹介した人の信用も使えますのでプラスになります。

また、紹介してもらった銀行員は既に不動産投資に詳しい担当者のはずですので、スムーズに話がまとまりやすいです。

 

最も効率的なのが使いたい銀行と取引関係の深い不動産会社の紹介で入ることです。

不動産会社は物件を売るために銀行を紹介し、銀行も資金を出すにあたって、信頼のある不動産会社の紹介した物件であれば安心して融資を出せるものです。

 

一方あなた自身も紹介してもらった責任がありますのでしっかりとした対応をしましょう。

 


紹介で入る融資
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク