担当者の重要性

ローンにおいては融資の担当者も選ばなくてはなりません。

力のある担当者ですと少々難しい案件でも担当者が押し込んでくれたりします。

一方で不動産投資のことを良く分かっていなかったばかりに、事業的にとても素晴らしいのに審査に落ちてしまうことがあるからです。

 

金融機関は転勤サイクルがおよそ3年ほどで短いので、いったん良い担当者を見つけたとしても早かれ遅かれいなくなってしまいます。

融資を継続的に受けようと考えるなら、物件を探す努力と同じぐらい金融機関と担当者の開拓を続けていかなければなりません。

 

 


担当者の重要性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク