アパートローンとプロパーローン

不動産投資で主に使うローン商品はアパートローンとプロパーローンになると思います。

それぞれの特徴は下記の通りです。

 

◆アパートローン

金融機関によって商品化されたローンです。

そのため融資年数や金利、借入上限金額など借り入れ条件も決まっています。

購入物件の担保評価や築年数、収益率及び借入する人の属性(年収、資産背景、勤め先、勤続年数など)を元に審査します。

一つでも条件から外れた場合は融資をしないため融通が利かないのですが、逆にいえば、各チェックリストの項目をクリアしていれば審査が通りやすく、サラリーマンには使いやすい融資です。

 

◆プロパーローン

定型外の融資になる主に事業向けの融資です。

あくまでも金融機関はあなたの不動産賃貸業というビジネスに対してお金を貸す融資になります。

金利や借入期間も特段決まっておらず、お客さんの財務内容や自行との取引状況、競合との兼ね合いなど複数の要因を元に借り入れ条件が相対で決まります。

 

アパートローンのようなチェックリストはなく、借入する人の財務資料、不動産収益、担保評価額を総合的に判断して融資をするかしないかを決めます。

オーダーメイド型のローンとなります。

金融機関と関係の深い会社経営者や会社役員向きの融資と言えます。

 

収益物件を購入するための融資といえば、まずはアパートローンになります。

アパートローンは住宅ローンやマイカーローンといった「商品化されたローン」で審査基準や、借り入れ条件を簡略明確化することで、借り入れできる対象者の範囲を広げ融資をしやすくしています。

ですので、この商品化されたアパートローンの融資基準を熟知し、それに合わせるのが最も効果的です。自分が良いと思った物件を銀行に持っていくのではなく、銀行が融資する物件を持ち込んでください。

一方プロパーローンは事業性の融資で個別案件になります。プロパーローンは定型化された商品ではありませんので、すべての案件について金融機関が個別に審査をします。

また、金利はあらかじめ決まっておらず、お客様の財務内容、取引状況、競合との兼ね合いなど複数の要因を元に相対できまります。

 

不動産賃貸業の拡大を目指す場合アパートローンだけでは限界がありますので、どこかの段階でプロパーローンに移行する必要があります。

しかしアパートローンの方が最初は取り組みやすいので、初期はアパートローンで実績を作り、その後に各行のプロパーローンに申し込むと良いでしょう。


アパートローンとプロパーローン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク