満室にするために

収益を最大化するためには満室経営が不可欠です。

満室にするためにオーナーが出来ることは多数あります。

 

◆家賃の設定を見直す

最も効果が表れますが、収益率が下がります。一度家賃を下げて入居者を入れてしまうと、売却時の収益価格も下がるため、売却価格が下がる可能性もあります。

かといって空室だらけだと売却価格ももっと下がります。よく考えて設定しましょう。

設定の際には周辺の競合物件と比較したり、周辺の不動産仲介業者から聞き取りをするとよいでしょう。

 

◆他の物件との差別化を図る

ペット可能や外国人、生活保護可能と差別化を図ったりします。また珍しい鏡を置いたり、

トイレが綺麗だったりすると思わず印象に残ります。

そうすることで高い入居率を保ったり、場合によっては更なる収益を見込むことができます。

 

 

◆営業マンにお礼をだす

デキる大家は営業マンが自分の物件に入居者を決めてくれた時、キチンとお礼をしているのをご存知でしょうか。

「広告費を何か月分も払っているんだから、それで充分でしょ!」とも言いたくなりますが、賃貸仲介会社に払うお金以外に、営業マン「個人」へのお礼があるのです。この慣習を知らない大家さんも大勢いるので、これを駆使すると一歩抜きんでた大家になります。

 

建前上は会社で禁止されていますので・・・などと断りを入れますが、もらえるものは欲しいというのが営業マンの本音です。

賃貸仲介会社の店頭で「お礼はいくらで・・・」なんてやり取りは普通ありませんし、営業マンが後で問い詰められることもあるので避けてください。

あくまでもこっそりと行ってください。

 

ただ本当に受け取らない方もいますので、それは会話から察してください。


満室にするために
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク