敷金・礼金

敷金とは

敷金とは賃貸人が賃借人から何かあった時のためにあらかじめ預かっておく保証金のようなものです。賃借人が賃料を支払わなかった場合もこの敷金から充当されます。もっとも多い使われ方として、現状回復のための復旧費用があります。賃借人には原状回復義務というものがあり、契約終了時の明け渡しの際には、現状に回復して賃貸人に返す必要があります。

しかし、この原状回復義務については、賃貸人と賃借人の間に大きな解釈の違いがある場合が多く、敷金の返還をめぐって少額訴訟が起こる場合も少なくありません。

 

礼金とは

不動産の賃借契約に際して、借主から貸主に支払われる一時金の一種です。

もっと分かりやすくすると、目的や用途などは関係なく、単なるお礼として一方的に賃借人に求めるお金です。当然お礼なので返還されることもありません。

最近では集客のために礼金を取らないオーナーも増えてきています。

 

 

ファミリータイプや築年数が新しい物件ほど敷金や礼金を取っている傾向があります。

オーナーとしては極力取れた方が有利ですが、入居者募集の状況を見ながら決めていきましょう。


敷金・礼金
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク