新築と中古

新築のメリット

  1. 最新の設備を揃えている
  2. 人気が高く入居者が決まりやすい
  3. 新築という付加価値で賃料を高く設定できる
  4. しばらくは修繕の必要がなく、手間がかからない

 

新築のデメリット

  1. 物件の価格が高い=利回りが低い
  2. 完成するまでの家賃が入らない期間も借入金利息などの経費が発生する
  3. 2回目以降の入居者に対しては家賃を下げる可能性が高い
  4. 入居者を0から集める必要がある

 

中古のメリット

  1. 物件の価格が安い=利回りが高い
  2. 入居者が既に入っていたり、すぐに賃貸できるためすぐに家賃収入を得られる
  3. 物件を実際に確認してから購入できる
  4. 減価償却期間が短く、1年あたりの減価償却が多く節税が可能

 

中古のデメリット

  1. 銀行からの融資が新築より難しい
  2. 入居者の確保や維持が大変
  3. 修繕が必要になる

 

まとめ

手間をかけたくないのであれば新築物件が良いです。

毎月の賃料収益を重視する場合は利回りが高い中古物件をお勧めします。

値上がり益重視の場合も購入価格が低い中古物件が良いです。


新築と中古
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク