大都市が地方か

大都市の特徴

大都市は人口が多く賃貸需要は高いです。そのため空室リスクも低くなります。

また融資付けが比較的容易なため、売却もしやすくなります。

その反面、ライバル物件も多く競争が激しくなります。その結果家賃の値下げ競争にさらされる恐れもあります。

また都心部は土地の値段が高いうえ、多くの人が都市部で物件を購入したいと思っているので物件価格は高く、利回りは低下しがちです。

 

地方の特徴

参入者が大都市に比べて少なく土地も安いため利回りが高い傾向があります。

地主系の大家が多く空室対策をしていない実態があり、ライバル物件よりも差別化が容易です。手の入れ方次第では高い入居率を保つことができます。

しかし、管理会社も競争に晒されていないことが多く、のんびりしている等動きが悪いことがあります。

また、エリアによっては今後大幅に人口が減る可能性もあり入居者を見つけるのが困難になる恐れがあります。

金融機関が少なく借り入れが大都市より難しく、売却したくてもなかなか売れない可能性があります。

 

まとめ

どちらが有利かというよりはお互いのデメリットを緩和するように物件を購入するのが良いと思います。

自分の投資スタンスにも寄りますが、地方や都心の物件をうまく組み合わせていくことをおすすめします。


大都市が地方か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク