区分と一棟

区分のメリット

  1. 少額の資金で始められる
  2. 流動性が比較的高い
  3. 複数所有することでリスクの分散が可能

 

区分のデメリット

  1. 管理費や修繕積立金があり、実質利回りが下がる
  2. 共有部分の大規模修繕等は自分一人の意思で行うことができない
  3. 融資を引いて購入するのが難しい

 

一棟のメリット

  1. 手残りが大きい
  2. 自分の手をかけられる範囲及び管理が広い
  3. 全室空室になることは考えにくく、空室リスクを低減できる
  4. 資産の拡大スピードが速い
  5. 土地が残る

 

一棟のデメリット

  1. リスクの集中(地震等の災害、工場撤退等による賃貸需要の悪化など)
  2. 規模が大きくなる
  3. 敷地と建物全てを維持管理するため区分所有より手間がかかる

 

まとめ

区分は「0か100か」の投資になります。なぜなら所有している範囲が一室部分のみなため、入居者がいれば100%の収入がありますが、空室となると収入は0になります。

また管理費や修繕積立金がかかるので家賃に占める割合が高すぎると投資としては旨みがありません。しかし入居者が居れば殆ど手間がかかりません。

一棟では融資が使え、自己資金に対する収益率が良く資産の拡大が早くなります。空室が多い物件を購入し、満室にして売却する等で売却益も得られます。

 

区分は少額で賃貸経営を行うことができ、複数持つことでリスク分散も可能です。

一棟は資産の拡大スピードが速く、工夫次第で大きく収益を出すことができます。

もちろん複数組み合わせるのも良いと思います。

自分の投資スタンスと相談しながら選択しましょう。


区分と一棟
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク