一般賃貸と家賃保証

一般賃貸のメリット

  1. 通常の収益を確保
  2. 自分の意思を反映させられる

 

一般賃貸のデメリット

  1. 手間がかかる
  2. 入居率や入居者トラブルが心配

 

サブリースのメリット

  1. 安定した賃料収入
  2. 募集、管理業務が不要
  3. 銀行融資時に評価
  4. 確定申告が楽

 

サブリースのデメリット

  1. 保証家賃は通常の70%~85%程度
  2. 保証会社が倒産するリスク
  3. 自分の意思が反映させられない
  4. 一定期間ごとに保証家賃が下がる

 

 

家賃保証の最大の利点は入居率にかかわらず一定の家賃を受け取れることです。

また管理も同時に行ってもらうため煩雑は管理業務からも解放されます。

いうなれば「安心」を購入することになります。

その分リフォームは指定業者を使用しなくてはならなかったり、保証開始から3カ月ほどは猶予期間として収入が入らない、こちらからの解約ができない等サブリース会社に非常に有利な契約となっていることが多いです。

 

 

まとめ

手間をかけず安心を買うという意味では家賃保証の利用も考慮に入れても良いと思います。

ただ、私個人としては手間代としては高いと考えます。

今後も物件を購入し資産を拡大させたいのであれば、勉強という観点から収益向上の観点からもご自身での賃貸経営をお勧めします。

もしサブリースを利用する場合は契約内容をよく確認しましょう。

 


一般賃貸と家賃保証
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク