法人と個人での売却

不動産の売却時には税金が課税されます。

個人としての売却と法人としての売却では税率に差があります。

 

税率ですが、

  1. 個人で売却年1月1日における所有期間が5年以下である場合には売却益に対して39%(所得税30%、住民税9%)
  2. 個人で売却年1月1日における所有期間が5年超である場合には売却益に対して20%(所得税15%、住民税5%)
  3. 法人の場合には所有期間にかかわらず、売却益に対してその法人の税率(26~41%)で課税されます。

 

 

個人での短期譲渡は税率が非常に高くなっています。所有期間が5年か5年超かギリギリの場合には敢えて売却を遅らせて②の長期譲渡とすることが有効です。

 

他方、法人の場合には利益800万以下は税率が低く、利益800万超は30%程の税金が課されます。これだけを見ると個人での売却の方が有利に見えます。

しかし、法人の場合は1事業年度の全ての利益金額から課税所得を算定します。他の部分において損金があれば相殺が可能です。

加えて損失の7年間繰り越しという優遇措置があるため、利益分の赤字を貯めておけば売却益に対しての課税はなくなります。

 

売却計画をしっかり立てておけば、ここでもやはり法人が有利です。

 

この点を利用とした売却の裏ワザもあります。

裏ワザについて裏話の方で記載します。

 

 


法人と個人での売却
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク