出口戦略の種類

出口戦略といっても様々あります。
大きく下記に分類しました。

1.価値のあるうちに売却
2.老朽化した状態で売却
3.老朽化した建物は取り壊し土地として売却
4.老朽化した建物は取り壊し、新規に賃貸不動産を建築

一般的な出口戦略としては(1)の価値のあるうちの売却です。
年数が経った分だけ取引価格も下がるのが普通ですが、思わぬ高値で売却できる場合もあります。

(2)の老朽化した状態で売却は、出口戦略というより、何も考えておらずほったらかした結果とも言えます。修繕を行うにしても多額の費用がかかります。また売却希望でも建物は無価値で入居者の追い出し費用や建物の取り壊し費用を考慮して土地値以下で売却しなければならないこともあります。

(3)は土地の条件が良ければ思わぬ高値で売却できることがあります。この場合は買い手が不動産投資のみに限らず、建売りを目的とする業者や店舗用地として売却できることがあります。

(4)は良い立地を所有している際におすすめです。土地を担保に融資を引くという選択肢も出てきて、高い利回りでお金を生み出すキャッシュフローマシンになることがあります。
ただ、収入が発生する前に多額の支出が発生するうえ、計画が長期に渡ります。そのため他の出口戦略より更に余裕を持って取り組む必要があります。


出口戦略の種類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク