売却査定が高い理由

不動産を売ろうと思って売却査定を出すと、相場より明らかに高い値段で
「売れますよ」とオファーが来ることがあります。
これは媒介契約を取りたいという思惑があり、高い値段で興味を引く不動産会社の戦略です。もちろんこの値段で決まればうれしいのですが、相場から離れた値段ですとやはり決まりにくいです。

そこでしばらく時間をおいてから売却の依頼主にやはり値段が高すぎたので値下げして売り出しましょうと持ちかけるのです。
不動産業者にとって売却を依頼する人は取りっぱぐれのない良いお客さんです。
そこで高い査定価格を出して、媒介契約を結び売却の依頼を確実に取ろうとするのです。
高い査定価格が出たからといって浮かれず、相場を見極めて信頼できる不動産業者に依頼しましょう。


売却査定が高い理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク