融資の時

◆融資手数料

金融機関に支払うローン取扱手数料です。

金融機関や商品によって手数料が異なりますのでご注意ください。

例:借入金額一億円未満157,500円・一億円超210,000円、融資金額の3.175%など

◆団体信用生命保険料

団体信用生命保険はローンの返済途中で死亡、もしくは高度障害になった場合に、本人に代わって、生命保険会社がローン残高を支払うというものです。金融機関がローンの利用者をまとめて盛目亭保険会社に申し込むもので、掛け金も安く、また加入時年齢による保険料の違いなどもありません。

民間金融機関の多くは、この団信の加入を住宅ローン借り入れの条件としています。

保険料はあらかじめローンの金利に上乗せされていることが多いです。

法人で購入する場合は団体信用生命保険をつけることができません。

 

◆火災保険料・地震保険料

ローンで購入した物件が火災等に合い、建物が焼失してしまったり重大な損害が生じたりすると返済にも支障をきたします。そのため金融機関はこの火災保険に質権を設定し保険金で融資金額を回収します。融資条件として加入を義務付けられる場合と任意加入の場合があり金融機関ごとに異なります。

地震による損害は別途地震保険に加入しなければなりません。

金額は物件の所在地や構造、建築基準、用途及び保険会社によって異なります。

 

◆印紙税

ローン契約時の金銭消費貸借契約書に貼付する収入印紙です。借入金額に応じて印紙税が定められています。

a22

 

 

◆ローン保証料・・・

お金を借りるあなたが債務の保証をしてもらうためローン保証会社を利用する際の費用です。あなたがローンを返済できなくなった場合、このローン保証会社があなたに代わって債務の弁済を行います。ローン債務は無くなるわけではないのでご宙ください。

金融機関によってはローン保証の利用を融資条件として指定することがあります。

費用は借入金額と返済期間によって異なります。

この保証料がかからないところもあります。


融資の時
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク