不動産投資の種類

不動産投資にもいくつか種類があります。

不動産投資というと大金が必要でお金持ちや地主による投資というイメージがありますが、最近ではサラリーマン等の一般の方にも参加しやすい環境になっています。

現物不動産投資

実際にアパートやマンションを購入し所有します。一般的な不動産投資というとこの現物不動産投資のことをいいます。

そのオーナーとして賃料収入を得たり、不動産や土地の価格が購入時より上昇した場合に売却し収入を得ることを目的とします。

小口化不動産投資

不動産の投資額を少額にして複数の投資家が共有持分権を持つことで投資する方法です。一般の個人では投資が難しい高額物件などへの投資が容易になります。

最近では極めて少額からの投資が可能になっています。

証券化不動産投資

REITなどのファンドを購入する方法です。証券なので株式投資に近いものになります。

ファンドは複数の投資家から集めた資金をビルや商業施設に投資し、その賃料収入を投資家に分配するものです。

ここではおもに現物不動産投資について説明していきます。


不動産投資の種類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カカオトーク